2006.11.30

Adobe InDesign CS / CS2用JavaScript「表組基本設定(履歴付き)」ver.1.0.4(2006.11.30版)

Adobe InDesign CS/CS2の表組みの設定を行なうJavaScriptで書いたユーティリティです。何となく流れでメンテしたのでアップしてみます。Windows、Mac OS Xどちらでも動くと思います。

DTPWikiに上がっている同バージョンと同じものです。

自分以外にも、いき♂さんがいじっているので、ここのものが最新版であるとは限りません。DTPWikiの方も見てみてください。

「table_initialize20061130.zip」をダウンロード

Indesignscreensnapz002

Tableinitialize104win

///////////////////////////////////////
// JavaScript for InDesign CS2
// 表組基本設定(履歴付き)ver.1.0.4
// 2006.11.30版
///////////////////////////////////////

Copyright [2006.11.30] [こむぎ]
変更点:各種線種も選択できるようにした。myDialog.destroy()追加

Copyright [2006.11.29] [こむぎ]
変更点:結合されたセルがあっても大丈夫なようにした

Copyright [2006.10.24] [いき♂]
変更点:表の内側の線を縦横別々に指定できるようにした

Copyright [2006.08.09] [いき♂]
変更点:表の上下と左右の線を別々に指定できるようにした

Copyright [2006.08.07] [こむぎ]

Apache License Version 2.0(「本ライセンス」)に基づいてライセンスされます。
あなたがこのファイルを使用するためには、本ライセンスに従わなければなりません。
本ライセンスのコピーは下記の場所から入手できます。
http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0

動作確認環境

Mac OS X版InDesign CS/CS2
Windows版InDesign CS/CS2

インストール

Mac版
/Applications/Adobe InDesign CS2_J/Presets/Scripts/ にtable_initialize104.jsをコピー。

Windows版
C:\Program Files\Adobe\Adobe InDesign CS\Presets\Scripts にtable_initialize104.jsをコピー

バージョン違いについては、適宜読み替えてください。

実行方法

「ウィンドウ>自動化>スクリプト」から実行するか、
「編集>キーボードショートカット...」の「機能エリア>スクリプト」で
キーボードショートカットを割り当てる

使い方

表組かセルかセルの中身を選んだ状態で起動。
セルの線の線幅と、表の上端・下端の線種・線幅、表の右端・左端の線種・線幅、セルの余白を指定できます。
一度入力した数値、線種は、次回起動時にも覚えています。

項目間はTabかShift+Tabで移動可能です。
EnterキーでOKボタンを押せます。

履歴は、スクリプト設置ディレクトリに「table_initialize104_history.txt」という名前で保存されます。

|

2006.08.30

Adobe InDesign CS / CS2用JavaScript「都道府県順段落ソート」2006.08.30版

動作がおかしかったので、修正しました。
InDesign CSでも動作するようになりました。

詳細はこちら「Adobe InDesign CS / CS2用JavaScrtipt「都道府県順段落ソート」」をどうぞ。

|

2006.08.28

Adobe InDesign CS / CS2用JavaScript「都道府県順段落ソート」

わけあってInDesign CS / CS2用のJavaScript、「都道府県順段落ソート」というものを公開します。
Mac OS X版で動作確認しています。Windows版でも動いておかしくないです。
動いたら、コメントなどで教えていただけると幸いです。

ダウンロード prefecturessort20060830.lzh (3.6K)

InDesign_Example_Scriptsの「SortParagraphs.jsx」を参考にしています。
ライセンスの宣言は保留します。が、免責だけはしておきます。

動作確認環境は以下です。

  • Mac OS X用InDesign CS
  • Mac OS X用InDesign CS2

インストール方法等の説明

同梱のREADME.txtをごらんください。

何をするものか

TextFrame等を選んで実行。
都道府県順に段落がソートされます。
並びはJIS X 0401による都道府県コードに準拠しています。
都道府県以下は文字コード順にソートされます。

動画を作ってありますので、見てみてください。

DEMO動画 prefecturessort.mov (96.6K)

見るにはQuickTimeが入っていないといけませんが、iTunesが入っていれば見られるかと。

何の役に立つのか

本来こういうのはInDesign上でやるべきではありません。
Excelのユーザー設定リストを使うのが普通でしょう。
でも、流し込んでから修正が生じた場合、面倒です。

というのは建前で、JavaScriptのArray.sort()に引数として比較関数を渡せるのを知って、ちょっと作ってみようと思っただけでした。
実際にはArray.sort()を使うわけにいかず、バブルソートを独自に実装したAdobeのサンプルを元に作りましたが。

動作解説

段落に都道府県名が入っていればOKです。「都府県」が無くても大丈夫です。ただし、「都府県」付きと「都府県」無しが混在すると、都道府県グループ内のコード順ソートに影響が及びます。
また、段落が都道府県名で始まっていなくてもOKですが、都道府県名の前に不定の文字が付くと、これまた都道府県グループ内のコード順ソートに影響が及びます。
47都道府県名にマッチしない場合は、その他として扱われ、最後尾に付きます。動画の「インド」がその例ですね。

今後の予定

要望があれば機能向上、バグ取りも検討しますが、自分自身では使わないため、自主的なバージョンアップはしません。

TableのRowやColumnにはMoveメソッドが無いので、表組対応は難しいのではないでしょうか。

|

2006.08.27

Adobe InDesign CS / CS2用JavaScript「正規表現検索スタイル適用」

わけあってInDesign CS / CS2用のJavaScript、「正規表現検索スタイル適用」というものを公開します。
Windows、Mac OS Xどちらでも動くと思います。

Regexpstyle_mac

Regexpstyle_win

ダウンロード regexpstyle20060826.zip (445.1K)

ライセンスはApache License, Version 2.0です。

動作確認環境は以下です。

  • Mac OS X用InDesign CS
  • Mac OS X用InDesign CS2
  • Windows用InDesign CS

Windows用InDesign CS2では動作確認していませんが、多分動くのではないかと。

インストール方法等の説明

同梱のREADME.txtをごらんください。

何をするものか

正規表現にヒットした文字列に対して、ドキュメント中に設定された文字スタイルを適用するというものです。
タグ付き正規表現にも対応しており、それぞれに別のスタイルを適用可能です。
動画を作ってありますので、見てみてください。

DEMO動画1 regexpstyle.mov (1772.0K)
DEMO動画2 regexpstyle02.mov (9885.0K)

少し前のバージョンなので、ちょっと違うところがあるかもしれません。
見るにはQuickTimeが入っていないといけませんが、iTunesが入っていれば見られるかと。

何の役に立つのか

例えば、インタビューページみたいなものがあるとします。
これの名前部分にチクチクスタイルを適用するのはかったるいです。
InDesignの機能である先頭文字スタイルでカバーは可能ですが、人物別に色を分けているような場合は無理です。

このような場合でも、このスクリプトを使えば一発でカタが付きます。

「^(田中(以下 田)|田)?(山田(以下 山)|山)?(鈴木(以下 鈴)|鈴)?(一同)? 」
↑最後に全角アキ

いささかトリッキーな例ですが、上記のような正規表現を入力し、$1、$2、$3、$4の適用スタイルに別々の文字スタイルを設定すると、人物別に色を設定しているようなインタビューフォーマットが一発で片付きます。

田中(以下 田) あああ
山田(以下 山) いいい
鈴木(以下 鈴) ううう
田 あああ
山 いいい
鈴 ううう
一同 (笑)

↑人物別に違うスタイルが適用できるのはもちろん、「田中(以下 田)」と「田」に同じスタイルを適用できるのがミソです。急に「田山」という人が交ざると、この例ではマズいですが(笑)。

もちろん、用途はこれだけに限りません。
正規表現をお分かりの方なら、もうあーもあろ、こーもあろとアイデアが思い浮かびのことでしょう。
欲望に忠実にお使いください。

テキストフレームの複数選択、表組みの中のテキストにも対応しています。
セルの中を選んでいた場合は、表組全体を処理します。セルを選んだ場合は、選んだセルを処理します。

使える正規表現は、JavaScript準拠のはずです。

制限

当面サロゲートペアには非対応です。サロゲートペアを含むテキストを処理するとエラーが出ます。

1段落ずつ処理しているので、改行をまたいだマッチはできません。

選択テキストを対象にした処理はできません。必ずテキストフレーム全体が対象になります。

テキストフレームを複数選んで、中の表組に対して処理をすることはできません。テキストフレームを選択した場合は、中のテキストだけが処理されます。(これは要望があれば対応するかも)

今後の予定

要望があれば機能向上、バグ取りも検討しますが、自分自身では使わないため、自主的なバージョンアップはしません。

|