2006.09.25

車輪格納式インラインスケート「インストレック(Instrek)」インプレッション(2)

インストレック(Instrek)をそれなりに使い込んだので、続報ということで。

前回分エントリ:ウィール格納式インラインスケート「Instrek(インストレック)」インプレッション

動画(movie)

靴下が……とか、スネ毛が……とか、吐息が……とかはこの際いい。
全身でグルーヴを感じるんだ!
(ダウンロードが終わるまで一時停止かけるといいです)

移動手段たりえるか?

個人的に移動手段としての価値に期待して買ったのだが、ヒールブレーキが取り外し式という一点を除いては、これまで存在した同種のものの中では一番の実用度だと断言できる。
また、今後ここまでのユーティリティ性を備えた製品は、少なくとも5年スパンで出てこないだろう。
だから、興味のある人は入手できるうちに買っておいた方がいいよ。

ウィールの出し入れは、慣れると何にも寄りかかること無く、立ったままクイックに行なえる(動画参照)。この点は素晴らしいというほか無い。移動手段としての価値をグっと押し上げるポイントだ。Hypnoの場合、モタモタとウィール部分を装着し、また外している間に、稼いだ時間的なアドバンテージが消失してしまう感があった。

安全性については予断を許さない。ヒールブレーキこそ使っていないが(前回エントリ参照)、今のところ突然ウィールが引っ込んで転んだ、といった目には遭っていない。至ってウィールの固定状態は安定している。
ウィールの出し入れは軽々とできるのに、固定はしっかり。この点は、街乗りだと砂利一つで理不尽な転倒をしてしまいがちな、移動手段としてはリスキーなHeelysに対するアドバンテージといえなくもない。

機能的にはブレーキが問題だ。個人的には、街乗りにおいてヒールブレーキは必要だと思っている。
Hypnoには立派なヒールブレーキが装着可能だ。Heelysはいざとなればつま先全体がブレーキとなる。
インストレックには、頼りなく、不便なヒールブレーキしか無い。
インラインスケートの上級者の多くはヒールブレーキを外しているし、出し入れのたびに付け外しすると機動性が損なわれる。取り外し式なのは構造上しょうがない。ならば、使わないまで。
Tストップ、パワースライドのテクニックを習得すればいい。テクニックで補いさえできれば、インストレックは移動手段として完全になる。

自分はTストップすら怪しいというありさまだったので、インストレックを実用するために特訓した。特訓の結果できるようになった。ヒールブレーキが無いと思うと、できるようになるもんだね。とりあえず土日乗り回した間はヒールブレーキは付けなかった。

テクニックを磨けば、恐らくヒールブレーキが必要と思うことは無くなるのだろう。
しかし、テクニックでブレーキをかけるとウィールが激しく減る。30分ぐらいパワースライドを練習していたら、ブレーキをかける方の一番後ろのウィールが三角になったよ。Tストップはパワースライドほどではないが、やはり1日で目に見えて減る。
だから、長距離乗ることが分かっているシチュエーションでは、ヒールブレーキを使った方がお財布にやさしいかもしれない。

インストレックは移動手段たりえるが、ブレーキングについては考えることが多いだろう。

インストレックのウィークポイント

インストレックは、ウィール径が48mm(22cm〜24cm)/50mm(25cm〜27cm)と小さい。また、3輪しか無い。
だから、走破性やスピードの乗りが通常のインラインスケートより劣るのは分かりきったことだ。
でもどの程度のものか、と思うだろう。

スピードの乗りについては、絶望するほどのものではない。20km、30kmのロングランをしろと言われたら考えてしまうが、少々遅いぐらいだ。

一方で、走破性は街乗りが正直キツいレベルだ。
ちょっと目の荒いアスファルトでも差が出てくる。編み目状の側溝蓋に乗ると転倒の危険がある。
荒れたアスファルトでも、転びかかる。
通常のインラインスケートだと、アスファルト、コンクリートかそうでないかぐらいの気の使い方で走っていけるが、インストレックの場合は路面の状況を詳しく見て、走行ラインを随時吟味する必要がある感じだ。
下りでは、白線の上を走ることが多くなるんじゃないかな(笑)。

インストレックのフレームはガラス繊維+ナイロン製だ。アルミ製のフレームを使ったインラインスケートよりどれぐらい劣るか?
これは意外にも、コントロール性が致命的にスポイルされているような感じは受けなかった。
ただ、ガラス繊維+ナイロン製のフレームがビビって、走行音がうるさい。通常のインラインスケートなら、ほぼ無音で走れるようなシチュエーションでも、ちょっとガラガラとうるさい。この辺は動画を見てもらうと分かるだろう。

インストレックの意外な美点

インストレックは、とても快適性が高い。もちろん、普通の靴と比較するようなものではないが、通常のインラインスケートは、どこかが当たって痛くなるか、靴擦れになりがちだが、インストレックにおいては、それが全く無かった。きっと1日中走っていても大丈夫だろう。
ベルクロをしっかり締めていればサポートは必要十分にあるから、足元が不安定になるということも特別無い。

足首のサポートがあるせいで、通常歩行においてはゴミ箱を足にはめて歩いているかのような歩きにくさがあるわけだが。

メンテナンス

Tストップ、パワースライドが必須、と思っているインストレックだが、そこで気になるのが特殊なサイズであるウィールの入手性。
自分が買ったところに問い合わせてみた。
交換用のウィールを用意しているそうだ。
それも、そんなに高くはなかった。普通のインラインスケートの半額ぐらい。
買うときは、交換用のウィールを用意してくれるか聞いた方がいいだろう。

ちなみに、インストレックのウィールの硬度は標準的な85A。
フレームがガラス繊維+ナイロンなので、路面が悪いところではうるさいが。

ヒールブレーキの交換用はそこには置いてなかったが、DIYショップで入手できるゴムを加工して取り付けている人が居るそうだ。
実際にやっている方がいらしたら教えてほしい。

インストレックが初めてのインラインスケートなら

インストレックの噂を聞いて、手を出そうと思っている人へ。

もしインラインスケートが初めてなら、相当苦労すると思った方がいい。
微動だにできない現実に直面して、こんなはずじゃなかった、と絶望するだろう。
足を地面から上げることができない。前にも後ろにも進めない。そこからのスタートになるはずだ。

ヒーリーズには乗ったことがあるだろうか?
インストレックは、ヒーリーズ(HEELYS)と横並びにしてとらえたくなるが、ヒーリーズはいざというときにつま先での通常歩行に切り替えられる点がインストレックと違う。滑走状態が例外なのだ。
いつでも普段の自分に戻ることができる。そういう甘えが許される。
インストレックの場合、ひとたびウィールを出して走り出したら、ウィールから逃れることはできない。
このことの恐怖というものを一度考えてみるといい。
この恐怖は、ヒーリーズには全く無いものだ。

その壁を乗り越えることができればインストレックは掛け値無しで素晴らしいものだが、必ず壁は越えなくてはならない。そのことを覚えておいてほしい。

インストレックを履いて移動すると楽か?
残念ながら楽じゃない。
長いストロークでずっと走っているようなもので、汗びっしょりになる。
これはスポーツだ。

|

2006.08.31

ウィール格納式インラインスケート「Instrek(インストレック)」インプレッション

(このエントリには続編があります「車輪格納式インラインスケート「インストレック(Instrek)」インプレッション(2)」)

ひょんなことから見つけたウィール格納式インラインスケート、「Instrek(インストレック)」を買ってみた。

この手のものに目が無く、WanderWalker、Heelys、Hypnoなど買ってみたものの、いずれも常用に至らなかった。
今度の「Instrek(インストレック)」、これは理想的な製品に見える。

Heelysは2足も履いたけど、これは構造上、砂利に乗り上げた場合などに転倒が避けられないのが残念なところ。かなりひざっこぞうを擦りむいた。

Hypnoは普通のインラインスケート同等の性能があった。しかし、いかんせん取り外し後のパーツが荷物になる。
30kmぐらいのロングランをしたことがあるし、なかなかいい製品だったが、既にモデルが途絶えているようだ。

WanderWalker等に言及したページ
http://www.ekoda.jp/buy/rollershoes.htm

Heelys
http://www.heelys.jp/

Hypno
http://www.hypno.it/

動画

「お疲れさまで~す!」

邂逅

さて、新鋭Instrek(インストレック)。
本当は黒が欲しかったけれど、無かったので白にしてみた。

R0010908
↑外箱。わくわく。

R0010912
↑出してみた。興奮が最高潮! やべー、普通に格好よくね?

外観と雑感

スニーカーサイズかと思いきや、大きさは、ソフトシェルのインラインスケートそのもの。
重さも、ウィールを格納している分、Hypnoのウィール取り外し時より重い。

しかし、うまいデザイン処理で、厚底ブーツっぽさはWanderWalkerのときより薄らいでいる。

R0010914

R0010915
↑ほほう、裏側はこんな具合か。

R0010916
↑黒がいいと思っていたけれど、白もなかなか格好いい。

R0010917
↑意外と質感が高い。

R0010918
↑後ろ側。やはりsk8って感じだ。

R0010939
↑ハングルが書いてある。韓国製。

ウィールの展開と格納

興味津々のウィールの機構。
届く前にはツマミの回転が重くて、出し入れに苦労するのではないかと想像していたが、意外にも動作がスムーズで軽い。軽過ぎて「これで大丈夫なんだろうか?」と思うほど。
ツマミの終止点まで来ると、カチっとロックがかかって固定される。

だから、ウィールの出し入れはとても楽。
慣れたら座ったり、壁に寄りかかったりすること無く出し入れができるんではないだろうか。
これはとても素晴らしい。Hypnoは腰掛けるところが無いと、脱着が難しかったからね。

R0010919
↑ウィールの出し入れを行なうツマミ。

R0010920
↑ウィールの出し入れを行なうツマミ。別角度。

R0010929
↑ウィール部の伸張(1)

R0010930
↑ウィール部の伸張(2)

R0010931
↑ウィール部の伸張(3)

R0010932
↑出し切るとここまで行く。

R0010936
↑格納するとこんな感じ。よくできている。

ヒールブレーキ

現在Web上では、ヒールブレーキについて言及しているところが少ないので、どうなっているんだろうと思っている人は多いのではないだろうか。

実はInstrek(インストレック)にはヒールブレーキが付属している。
ビスか何かで固定するのだろう、と思っていたが、そのような構造にはなってない。
踵部分に溝が出来ていて、そこに差し込む。差し込み切ると底の方で干渉して、ウィールがちょっとポップアップしてくる。ツマミを終止点まで回し切ると、このヒールブレーキが固定されるといった仕組みになっている。
ウィールを格納するとヒールブレーキがフリーになって、ポロリと取れる。つまり、付けっぱなしにしておくということができない。ポケット等に入れておいて、ウィールの伸張時に取り付けることになる。

R0010944
↑ヒールブレーキも付いている。

R0010946
↑どうやって使うか。

R0010947
↑こんな風に踵部分に差し込むように装着。ウィールを出し切ってロックがかかると、ヒールブレーキも固定される仕組み。

R0010949
↑ウィールを格納するとヒールブレーキがポロリと外れる。

試乗

仕事帰りの深夜1時、ヒールブレーキをポケットに入れ、Instrek(インストレック)を履いて夜の街に飛び出した。

ウィールが格納された状態で歩いてみる。
これはほとんどHypnoと同じ感じだ。
丘に上がったハゼみたいな感じで、ぎくしゃくする。
くるぶし〜甲の部分のサポートがあって、足首が曲がらないからだが、逆に走りへの期待が高まる。

路面のいいところまで歩いてみて、いざ、ウィールを伸張してみる。
カチャン、カチャン、とあっという間に走行可能な状態に。これは……、いいんじゃあ、ないですか!!

滑走開始。ちょっと緩めに履いたので、足首がグラグラする。
止まろうとして、ヒールブレーキを付けてないことに気づき、T字ストップ……できないので最後の方でクルっと回る(ダサイ)。

ベルクロと紐を増し締めし、ヒールブレーキを付けて再度滑走。
これは……かなりいいですよ。ウィールの径こそ5cmと小さいものの、ABEC5のベアリングが効いているのか、かなり普通。普通にインラインスケート。アウトエッジ効かせてダブルプッシュで滑れる。

ヒールブレーキでフルブレーキをかけてみる。っとここでアクシデント。
ヒールブレーキ取れました。しかもヒールブレーキの方のウィールが格納された。やばい。
あんまりヒールブレーキを信頼してはダメそう。やっぱりT字ストップを練習しよう。

総括すると、買ってよかったという感じ。

(2006/09/18日追記)ファーストインプレッションとしては上記に嘘は無いが、ちょっと使ってみて使用感が見えてきた。またエントリするので、しばし待たれよ。

|

2004.03.12

ヘッドホンアンプ製作2

OP-27 GPを使ったヘッドホンアンプ製作、結構順調に進んで、今は完成している。
作例でCANタイプを使っているところをDIPタイプに変更しているため、少々手間取ったけれども、ほぼ元の部品配置のままで済んでしまった。
CANタイプとDIPタイプのOP-27とでは、一部ピンで入出力の機能が違っているところがあるのだが、そこを使ったものではなかったので、特に考えることは無かった。
製作で一番大変だったのは、よく語られていることだが、ケースの加工。
手動のドリルでやっつけようと思ったのだが、とても大変で断念。
「あきばおー」で安く買えたミニルーターが、非力ながらも役に立ってくれた。
ただ、安物のドリルの歯がすぐなまってしまい、アルミケースに2~3穴を開けた時点で完全にダメになってしまった。
しょうがないので、超硬度といううたい文句のクロームバナジューム鋼の刃を買ってきた。
効果はテキメンで、次々と穴を開けることができ、サクサクと作業が進んだ。
やはり、道具はそれなりのものをそろえないといけない。

パイロットランプに使ったネオンランプがビートノイズを出すトラブルに見舞われた。
困って2ちゃんねるで相談したところ、ACが流れるラインは、よじってノイズ対策をするものらしい。
確かにそうした対策は施していない。面倒でまだネオンランプは外したままなのだが、ノイズ対策がてら青色LEDに付け替えようと思っている。DC側なら、そうそうノイズが出ることもないだろう。

肝心の音質は、以前作った単電源+9V、エミッタフォロワ無し、2chのOPアンプを使ったものとは格が違う。
その道の人に言わせれば、ディスクリートで組んで初めて語るに値する、ということなのだろうが、自己満足的にはかなりのレベルだと思う。

具体的には、チャンネルセパレーションがいい、音の立ち上がりが鋭い、大音量時の歪が少ない、などの点で違いは顕著だ。

ただ、この間買ったSTAXのSR-001 Mk-IIと比較すると、持っているヘッドホンが密閉型ばかりだからか、清涼感、解像感、そして何よりも聞いて気持ちいいかどうか、という点においては、自慢の自作ヘッドホンアンプをもってしても、それに遠く及ばない、というのが正直なところだ。

STAXはこれが初めてなのだが、確かにダイナミック形とは全く世界が違う。いずれ、ΩIIに手を出してしまいそうで怖い。

|