« December 2008 | Main | February 2009 »

2009.01.31

[iPhone][Jailbreak]SBSettings用Add-on Post専用Wassr Client FastWassr

開発終了のため、公開停止しました。再配布はしないように願います。(2010.05.30)

SBSettings用Add-on Post専用Wassr Clientを作りました。
名前はFastWassrといいます。

Fastwassr01_2

Fastwassr02


上掲の動画はFastTwitterのものですが、ほぼ同じです。

何がうれしいの?

iPhone用Wassr Clientはまだ1種類しか無くまだまだこれからといったところです。
FastWassrはSBSettings用のAdd-onということで、別のアプリケーションを起動中でも、それを終了させること無く起動できる点が最大のポイントです。

ほとんど起動・終了に手間と時間がかからない(動画参照)ので、ひとりごと多めでWassrを利用している人にはハマる使用感ではないかと思います。


履歴

Ver.0.3
 ウィンドウ表示時に、キーボードが出てくるようにした
Ver.0.2
 入力をクリアする機能、Safariで見た最新のページのURLを貼り付ける機能、再生中の曲のタグを貼り付ける機能を追加。しかしまれにリセットするのでこの機能はひとまず削除
Ver.0.1
 初版

インストール

SBankNotifyと同じCydiaの野良リポジトリからインストールしてください。「FastWassr」という名前で登録してありますので、検索を。

インストール後、respringしてください。
場合によってはハングアップするかもしれないので、その場合はrebootを。

無保証です。

使い方

まずはアカウントの設定をします。
「メモ」で適当に新規メモを作ります。1行目をFastWassrにすることで、タイトルを「FastWassr」にします。大文字小文字も合致していないとだめです。
以降の行を、

user:USER_NAME
pass:PASSWORD

上記のようにして保存します。前後に空白が入らないようにしてください。

Fastwassr03

「メモ」は終了時にデータベースを更新するので、いったんHomeに戻ることを忘れないでください。
何でこんな形式なのかといえば、「設定」の中に設定画面を置きたいものの、作る方法が分からないからです。
技量の問題です。

アカウントの設定が済んだら、SBSettingsからFastWassrを起動してください。

文字を入力して「Update」でstatusをPostできます。

「×」ボタンを押すと、入力内容が保存され、なおかつDynamic Textにも送られます。
「ら、」「p−」でペーストできます。
Dynamic Textについては、LastVisitURLのエントリ辺りを参照してください。

FastWassrへのコピペについて

拙作のLastVisitURL、NowPlaying等を使ってFastWassrにコピペする場合には、一度英語キーボードに切り替えてください。

テーマについて

オリジナルの部品を使いつつ標準の三つのテーマ、しかも同内容のものしか入ってないので、標準のもの以外を使っている場合は、リソースをコピーして対応してください。
「/var/mobile/Library/SBSettings/Themes/Default/」にある「FastWassr/」フォルダを別のテーマのところにコピー、です。

不具合・仕様など

日本語変換をする場合、インライン時は候補のタップで確定できません。
インラインの間は「次候補」ボタンで候補を送って、「確定」ボタンで確定してください。
全画面モードに切り替わってからは候補のタップで選択できます。

FastWassrを表示したままロックすると次のロック解除時に自動的に格納されますが、その後に呼び出した際は操作可能になるまで時間がかかるようです。

この辺りは技術的な制約かと思います。

謝辞

このソフトウェアは、BigBoss氏から提供されたFast Notesのソースコードをベースにしています。
ご協力ありがとうございました。

また、同ジャンルのソフトウェアと位置づけられるmootoh氏のQSTwitterのソースコードを参考にさせていただきました。
いつもありがとうございます。

|

2009.01.30

[iPhone][Jailbreak]SBSettings用Add-on YAAutoLock

新しいブログの方で公開を再開しています。

iPhone OS 3.1.2〜3.2用SBSettings 自動ロックトグルYAAutoLock


|

2009.01.25

[iPhone][Jailbreak]SBSettings用Add-on Post専用Twitter Client FastTwitter

開発終了のため、公開停止しました。再配布はしないように願います。(2010.05.30)

SBSettings用Add-on Post専用Twitter Clientを作りました。
名前はFastTwitterといいます。

Fasttwitter2

Fasttwitter3

何がうれしいの?

iPhone用Twitter Clientなら何と16種類もあるそうで、今さら数を増やすまでもないのですが、SBSettings用のAdd-onということで、別のアプリケーションを起動中でも、それを終了させること無く起動できる点が最大のポイントです。

ほとんど起動・終了に手間と時間がかからない(動画参照)ので、ひとりごと多めでTwitterを利用している人にはハマる使用感ではないかと思います。

履歴

Vol.0.4

 TwitterのDDoS対策への対策を入れた(最近起こるポストしたはずなのに反映されていない、という問題への対処)

 Undo Managerの登録を無効に(本体を振るとアンドゥマネージャのダイアログが起動するが、表示されるのはFastTwitterの下。操作不能で、SBSettings諸共画面内から消し去った後に操作すると、対象が無くなっているために例外が発生してSafe Modeに移行してしまうため)

 起動時にLock中だった場合、スリープ移行を抑止。ウインドウ消去後に再開という処理を追加。Lock Screen中でもつぶやけるように。(SBSettings -> Extras & Options -> Allow Launch LockedをONにすると、Lock中でもSBSettingsを起動できるようになります)

 テーマ非対応に(テーマを変えると表示が変になるというクレームが多いため)

Ver.0.3

 OS3.0になってUITextViewのデフォルトフォントが小さくなったようで、サイズを修正
Ver.0.2

 ウィンドウ表示時にキーボードが出てくるようにしました。

インストール

SBankNotifyと同じCydiaの野良リポジトリからインストールしてください。「FastTwitter」という名前で登録してありますので、検索を。

インストール後、respringしてください。
場合によってはハングアップするかもしれないので、その場合はrebootを。
アップデート時もrebootしてください。

無保証です。

使い方

まずはアカウントの設定をします。
「メモ」で適当に新規メモを作ります。1行目をFastTwitterにすることで、タイトルを「FastTwitter」にします。大文字小文字も合致していないとだめです。
以降の行を、

user:USER_NAME
pass:PASSWORD

上記のようにして保存します。前後に空白が入らないようにしてください。

Fasttwitter1

「メモ」は終了時にデータベースを更新するので、いったんHomeに戻ることを忘れないでください。
何でこんな形式なのかといえば、「設定」の中に設定画面を置きたいものの、作る方法が分からないからです。
技量の問題です。

アカウントの設定が済んだら、SBSettingsからFastTwitterを起動してください。

文字を入力して「Update」でstatusをPostできます。

「×」ボタンを押すと、入力内容が保存され、なおかつDynamic Textにも送られます。
「ら、」「p−」でペーストできます。
Dynamic Textについては、LastVisitURLのエントリ辺りを参照してください。

FastTwitterへのコピペについて

拙作のLastVisitURL、NowPlaying等を使ってFastTwitterにコピペする場合には、一度英語キーボードに切り替えてください。

テーマについて

オリジナルの部品を使いつつ標準の三つのテーマ、しかも同内容のものしか入ってないので、標準のもの以外を使っている場合は、リソースをコピーして対応してください。
「/var/mobile/Library/SBSettings/Themes/Default/」にある「FastTwitter/」フォルダを別のテーマのところにコピー、です。

不具合・仕様など

日本語変換をする場合、インライン時は候補のタップで確定できません。
インラインの間は「次候補」ボタンで候補を送って、「確定」ボタンで確定してください。
全画面モードに切り替わってからは候補のタップで選択できます。

FastNotesを表示したままロックすると次のロック解除時に自動的に格納されますが、その後に呼び出した際は操作可能になるまで時間がかかるようです。

この辺りは技術的な制約かと思います。

謝辞

このソフトウェアは、BigBoss氏から提供されたFast Notesのソースコードをベースにしています。
ご協力ありがとうございました。

また、同ジャンルのソフトウェアと位置づけられるmootoh氏のQSTwitterのソースコードを参考にさせていただきました。
いつもありがとうございます。

|

2009.01.21

[iPhone][Jailbreak]今度こそClippyでMobileSafariのページ内容をコピーするためのbookmarklet集

iPhoneでコピー&ペーストを可能にするClippyは素晴らしいですが、今のところMobileSafariで表示中のページ内容をコピーすることができません。

それを可能にするbookmarkletを作りましたので、置いておきます。

コピーしたい内容のあるページをMobileSafariで表示し、このbookmarkletを実行します。

以下のリンク先(このブログのURLですが、引数にbookmarkletが丸ごと付いてます)をひとまずブックマークに登録し、ブックマークの編集機能で最初の「http://moyashi.air-nifty.com/?」までを削除してください。

……というはずが、なぜかこのリンクがMobieSafariで踏めないですね。時間切れゆえ、今日はここまで……。

……と困っていたらiphone.goodegg.jpさんのところで不思議と踏めるリンク置いてくださいました。
存分に踏んでください。

iPhone.goodegg.jp: ついにiPhoneでコピペ実現!『Clippy Beta 0.90』(要脱獄)

なお、ブックマークの編集はClippyをアンインストールしてないと難しいかもしれません。

僕自身は母艦のSafariと同期で登録余裕でした。

本文

検索付き本文

リンク先一覧

検索付きリンク先一覧

画像一覧

検索付き画像一覧

正規表現フィルタ付きのも作ってみたんですが、iPhoneで不調なのでとりあえず下げました。

|

2009.01.13

[iPhone][Jailbreak]標準入力経由で学習辞書に登録するコマンド stdio2dtext

開発終了のため、公開停止しました。再配布はしないように願います。(2010.05.30)

標準入力から入力されたストリームをiPhoneの学習辞書に登録するコマンド「stdio2dtext」というものを作ってみました。

これは日本語変換の支援のためのものでなく、コピー&ペーストの代替手段となることを主眼としています。
Mac OS Xでいえば、pbpaste / pbcopyに当たるものですね。


MobileTerminalは今のところ、英語キーボードにしていないと入力できないので間違いはないと思いますが、実行時は英語キーボードにしていないと機能しませんので注意してください。

登録先は、QWERTYキーボードからの利便性を考慮して、よみ「ああ(aa)、あさ(asa)、あだ(ada)、あふぁ(afa)、あが(aga)、あは(aha)、あじゃ(aja)、あか(aka)、あぁ(ala)、あーあ(a-a)」の10カ所です。

なぜこんなに登録先が多いかというと、1単語当たり255字までという長さ制限があるからです。
標準入力から入力された文字数が255字を超えると、255字ごとに分割して複数のよみに登録していきます。
全部で2,550字まで対応できることになります。
それ以上増やしてもいいのですが、よみに英数字が交ざると変換できませんし、普通の日本語変換を阻害することになるので、このぐらいが限度でしょう。

登録されたものは、JPMemoDicを実行すると消せます。

藤棚工房さんのNSString_FJNStringEncodingを使っているので、入力するテキストのエンコーディングは、UTF-8、Shift-JIS、EUC-JP、ISO-2022JP何でもOKだと思います。ただ、短いテキストであるほど、自動認識に失敗すると思います。改行コードも、何でも大丈夫だと思います。

oオプションの動作は、「p−」とよみの付いた単語を標準出力に出力するというものです。
こちらは複数の単語をつなぎ合わせてコピーする機能がありませんので、255字までの対応となります。

履歴

Ver.0.2 (2009.01.17)
 学習辞書から標準出力に書き出す機能を追加しました。

コマンドラインオプション

-i 標準入力から学習辞書に登録
-o 学習辞書から標準出力に出力
-h ヘルプ

無指定時はヘルプが表示されます。

oオプションの動作は、「p−」とよみの付いた単語を標準出力に出力するというものです。
gTxtEditJplusなどでコピーしたテキストを標準出力に出力できます。
複数の単語を数珠つなぎにしてコピーする機能を持つソフトウェアが現存しませんので、255字までの対応となります。
LastVisitURLなど、「p−」に複数の単語を登録するものの実行後は、それらが全部出力されます。

使用例

コマンドの出力を登録


ls -l | stdio2dtext -i

Stdio2dtext2_2
▲※スクリーンショットでは日本語キーボードになっていますが、実際には英語キーボードでないと機能しません。

Stdio2dtext3

Stdio2dtext1

テキストファイルを登録


cat sample.txt | stdio2dtext -i

Webからダウンロードしたhtml等を登録(lastvisiturl2stdoutを併用すると便利かと思います)


curl www.foobar.com | sed -e 's/<[^>][^>]*>//g' | stdio2dtext -i

学習辞書の内容(コピーしたテキストなど)をテキストファイルにリダイレクト


stdio2dtext -o > output.txt

やってみると分かりますが、2,550字なんて、結構すぐいっちゃいますね。
インストールは、いつものCydiaのリポジトリから「stdio2dtext」で検索してください。

|

2009.01.10

[iPhone][Jailbreak]SBSettings用Add-on DateStamper

開発終了のため、公開停止しました。再配布はしないように願います。(2010.05.30)

現在時刻を示す文字列を学習辞書に登録するSBSettings用のAdd-onを作ってみました。

Datestamper1

履歴

Ver.0.2
 登録する書式を変更しました。日本語の書式を二つにしています。

インストール

SBankNotifyと同じCydiaの野良リポジトリからインストールしてください。「DateStamper」という名前で登録してありますので、検索を。

インストール後、respringしてください。
場合によってはハングアップするかもしれないので、その場合はrebootを。
(Cydiaからインストールした後、respringを要求するにはどうしたらいいんですかね)

無保証です。

使い方

・日本語キーボードを使用中、あるいは最後に使ったキーボードが日本語キーボードで、以降アプリケーションを終了していないなら、キーボードを表示させて英語キーボードに切り替えるか、Homeに戻る

・SBSettingsを起動し、その中の「DateStamper」を起動

・現在時刻が学習辞書に登録されるので、SBSettingsを閉じて、ペーストしたいアプリケーションを起動

・日本語キーボードを表示

・QWERTYキーボードの場合は「p-」とタイプ、10キーの場合は「ら、」とタイプすると、現在時刻が候補に出現するので、確定

Datestamper2

現在時刻は4種類の書式で登録してあるので、必要があれば「次候補」で別のものを選択

Datestamper3

|

2009.01.09

[iPhone][Jailbreak]SBSettings用Add-on JPMemoDic

開発終了のため、公開停止しました。再配布はしないように願います。(2010.05.30)

iPhoneの「メモ」に書いた単語を学習辞書に登録するSBSettings用のAdd-onを作ってみました。

Jpmemodic_1

またまたiPodayさんで紹介してもらいました。こちらもご参照ください。

JPMemoDic - Sbsettings toggle

履歴

Ver.0.4 01.02.09
 /var/mobile/Documents/wordslist.txtに
 ファイルがあった場合に、その内容も取り込むように
 詳細は「使い方」参照

Ver.0.3 30.01.09
 空のdtextを作る処理とdtextが無かった場合の処理を追加
 255字以上の単語を切り詰めるように

Ver.0.2 09.01.09
 処理終了後に、SBSettingsのウィンドウごと収納されるように

インストール

SBankNotifyと同じCydiaの野良リポジトリからインストールしてください。「JPMemoDic」という名前で登録してありますので、検索を。

インストール後、respringしてください。
場合によってはハングアップするかもしれないので、その場合はrebootを。
(Cydiaからインストールした後、respringを要求するにはどうしたらいいんですかね)

無保証です。

使い方1「メモ」の内容から登録

「メモ」で適当に新規メモを作ります。1行目をJPMemoDicにすることで、タイトルを「JPMemoDic」にします。大文字小文字も合致してないとだめです。
以降の行を、

「登録したい単語◉よみ」

といった感じで書いていきます。「◉」は「まる」で出ます。
「◉」を含み、なおかつ前後に文字が無い行は無視しますので、1行目の「JPMemoDic」はそのままにしておいてOKです。つまり、コメントなども書いておけます。

変換できなくなったら、また実行すればいいわけです。重複して登録されることがないような処理をしています。

199個しか登録できないと思います。199個登録しても、最初の方のやつはすぐプッシュアウトされて変換できなくなると思いますので、実用できるのは100個ぐらいでしょうか。

Jpmemodic_2

「1行目\n2行目\n3行目\n\n?よみ」といった感じのものを登録すると、「\n」が改行になります。
「\t1行目\n\t2行目\n\t3行目\n\n?よみ」といった感じで登録すると、「\t」がタブになります。
「\bq」はバッククオート「`」になります。

\n -> 改行
\t -> タブ
\bq -> バッククオート(`)

編集が済んだらいったんキーボードを英語キーボードに切り替えるか、「メモ」を終了させ、Home画面に戻ってからSBSetting内の「JPMemoDic」を起動すると、さきほどのメモに書いた単語が登録されると思います。

ご存知かどうか分かりませんが、PalmwareのTrainTimeみたいな感じの仕組みですね。

学習辞書に無理矢理突っ込んでいるので、登録したものもいずれ流れ消えて無くなります。

Jpmemodic_3
▲先ほど登録した単語。「\n」を挟んで改行を入れています。

Jpmemodic_4
▲確定すると、改行が入った形で入力されます。

使い方2テキストファイルから登録

「/var/mobile/Documents/」に「wordslist.txt」というテキストファイルを、つまり「/var/mobile/Documents/wordslist.txt」を置いておくと、その内容も取り込みます。
処理内容としては「使い方1「メモ」の内容から登録」に準拠しますが、こちらの方は、単語とよみの区切り文字をタブ文字と想定しています。
以前JPDicManを使っていた方は、JPDicManで使っていたテキストファイルが流用できると考えていただければよいかと思います。
Excelなどでリストを作り、そこからコピペしてファイルを作ると楽かと思います。

一応、サンプルを置いておきます。これを「/var/mobile/Documents/wordslist.txt」に置いて、JPMemoDicを実行すると取り込まれると思います。注意すべきは、単語とよみの間のタブは一つ、ということです。

「wordslist.txt」をダウンロード

「メモ」、「wordslist.txt」の両方から取り込みますが、取り込める量が増えているわけではありませんので、登録数には気をつけてください。
あまり多くても、すぐ流れちゃいます。

運用について

JPMemoDicの単語登録方法は、あくまで一時的なものですぐ流れてしまいます。
恒久的な単語登録方法には、住所録のエントリを利用する方法、leo.s氏のsysdic2csvを使う方法などありますので、これらと用途に合わせて使い分けてください。

JPMemoDicはiPhone上で登録することを主眼としているので、wordslist.txtに対応するとコンセプトがぼけるのですが、以前JPDicManを作った経緯があり、またPCで作ったリストを登録したい人が多いようですので対応しました。
wordslist.txtを作ってまでiPhoneに単語を登録させたいと思っている人は、leo.s氏のsysdic2csvの利用を検討してください。

sysdic2csvをiPhone上で動かしたいという声があると思いますが、処理速度やメモリの制限の点で無理だと思います。恒久的に単語登録するために、住所録にエントリを追加しちゃう方法はありますが、住所録が汚くなってしまいます。

|

2009.01.08

[iPhone][Jailbreak]SBSettings用Add-on JPMemoDic人柱版

開発終了のため、公開停止しました。再配布はしないように願います。(2010.05.30)

Cydiaのリポジトリに公開しました。以下ご参照ください。

[iPhone][Jailbreak]SBSettings用Add-on JPMemoDic

iPhoneの「メモ」に書いた単語を学習辞書に登録するSBSettings用のAdd-onを作ってみました。
人柱版ですが、(僕のは全部永遠にアルファですが……)勇猛果敢で、インストール方法が分かる人は試してみてください。インストール方法の質問には答えません。

無保証です。

ダウンロード JPMemoDic-0.1a2.tar.gz (4.6K)

使い方

「メモ」で適当に新規メモを作ります。1行目をJPMemoDicにする(大文字小文字も合致してないとだめです)ことで、タイトルを「JPMemoDic」にします。
以降の行を、

「登録したい単語◉よみ」

といった感じで書いていきます。「◉」は「まる」で出ます。
1行目の「JPMemoDic」はそのままにしておいてOKです。

「1行目\n2行目\n3行目\n◉よみ」と「\n」で区切ると、改行も登録できます。

Jpmemodic01a

あ、スクリーンショットの最後のは、よみと単語が逆ですね。

編集が済んだらいったんキーボードを英語キーボードに切り替えるか、「メモ」を終了させ、Home画面に戻ってからSBSetting内の「JPMemoDic」を起動すると、さきほどのメモに書いた単語が登録されると思います。

ご存知かどうか分かりませんが、PalmwareのTrainTimeみたいな感じの仕組みですね。

学習辞書に無理矢理突っ込んでいるので、登録したものもいずれ流れ消えて無くなります。
変換できなくなったら、また実行するわけです。
199個しか登録できないと思います。199個登録しても、最初の方のやつはすぐプッシュアウトされて変換できなくなると思います。

今のところ、「<」など、「メモ」の内部的に文字実体参照に変換される文字は登録できません。
登録できないというか、文字実体参照のまま登録されます。

アンエスケープするメソッドを探してるとこです。

|

2009.01.05

[iPhone][Jailbreak]SBSettings用Add-on LastVisitURL

開発終了のため、公開停止しました。再配布はしないように願います。(2010.05.30)

MobileSafariで最後に閲覧したページのタイトルとURLを日本語入力の学習辞書に登録するSBSettings用のAdd-onです。

iPodayさんで紹介されました。こちらもご参照ください。

LastVisitURL - Sbsettings toggle

これらの情報を、日本語が入力できるどんなiPhoneのアプリケーションにもペーストできます。
メール、Twitter、BBSへの貼り付けなどにお使いください。

履歴

Ver.0.3
 書式の違うものを同時に四つ登録するようにしました。「次候補」で別の書式を選んでください。なぜか、10キーでは候補が三つしか見えないようです。四つ目が必要なら、QWERTYから使ってみてください。

Ver.0.2
 Ver.0.1にあった、起動時にクラッシュするバグを修正しました。ご報告をいただいたtac'hさん、ありがとうございました。

インストール

SBankNotifyと同じCydiaの野良リポジトリからインストールしてください。「LastVisitURL」という名前で登録してありますので、検索を。

インストール後、respringしてください。
場合によってはハングアップするかもしれないので、その場合はrebootを。
(Cydiaからインストールした後、respringを要求するにはどうしたらいいんですかね)

無保証です。

使い方

基本的に「NowPlaying」と同様ですので、流れは「NowPlaying」のページにある動画を参照ください。

  • MobileSafariで適当にページを閲覧します
  • 日本語キーボードを使用中、あるいは最後に使ったキーボードが日本語キーボードで、以降アプリケーションを終了していないなら、キーボードを表示させて英語キーボードに切り替えるか、Homeに戻る
  • SBSettingsを起動し、その中の「LastVisitURL」を起動(「LastVisitURL」が参照しているファイルが無いと、このタイミングでSBSettingsの下にエラーダイアログが表示されます……本当は上に表示させたいのだけど、方法が不明)
  • 情報をペーストしたいアプリケーションを起動
  • 日本語キーボードを表示
  • QWERTYキーボードの場合は「p-」とタイプ、10キーの場合は「ら、」とタイプすると、ページのタイトルとURLが候補に出現するので、確定

同梱のコマンド「lastvisiturl2stdout」の使い方

「lastvisiturl2stdout」というコマンドを同梱してあります。
「/usr/bin/lastvisiturl2stdout」としてインストールされますので、普通はパスが通っているはずです。

MobileTerminalなどから実行すると、MobileSafariで最後に閲覧したページのURLが標準出力に出力されますので、各種コマンド、インタプリタへ渡してお使いください。

用途の一例としては、wget、curlなどのダウンローダと連携して、ページそのもの、ページにリンクされたファイルの(根こそぎ)ダウンロードが挙げられます。

sqlite3を使うと、ページ内容を「メモ」にインポートできます。

|

[iPhone][Jailbreak]SBSettings用Add-on NowPlaying

再生中の曲の「曲名」「アーチスト名」「アルバム名」を日本語入力の学習辞書に登録するSBSettings用のAdd-onです。

これらの曲情報を、日本語が入力できるどんなiPhoneのアプリケーションにもペーストできます。

昔の漫画家よろしく、メール、Twitter、BBSなどで、うざがられない程度の自己主張の手段にどうぞ。

履歴

Ver.0.3
 書式の違うものを同時に四つ登録するようにしました。「次候補」で別の書式を選んでください。なぜか、10キーでは候補が三つしか見えないようです。四つ目が必要なら、QWERTYから使ってみてください。

Ver.0.2
 Ver.0.1にあった、起動時にクラッシュするバグを修正しました。ご報告をいただいたtac'hさん、ありがとうございました。

インストール

SBankNotifyと同じCydiaの野良リポジトリからインストールしてください。
「NowPlaying」という名前で登録してありますので、検索を。

インストール後、respringしてください。
場合によってはハングアップするかもしれないので、その場合はrebootを。
(Cydiaからインストールした後、respringを要求するにはどうしたらいいんですかね)

無保証です。

使い方

  • iPod機能で、何か曲を再生(再起動後、一度も曲を再生していないと、SBSettingsの下にエラーダイアログが表示されます……本当は上に表示させたいのだけど、方法が不明)
  • 日本語キーボードを使用中、あるいは最後に使ったキーボードが日本語キーボードで、以降アプリケーションを終了していないなら、キーボードを表示させて英語キーボードに切り替えるか、Homeに戻る
  • SBSettingsを起動し、その中の「NowPlaying」を起動
  • 曲情報をペーストしたいアプリケーションを起動
  • 日本語キーボードを表示
  • QWERTYキーボードの場合は「p-」とタイプ、10キーの場合は「ら、」とタイプすると、曲情報が候補に出現するので、確定

|

2009.01.04

[iPhone][Jailbreak]iPhone用シリアルキーボードドライバの動作テスト

iPhone用のシリアルキーボードドライバが少し進んだので、参考までに動画を貼っておきます。

キーボードドライバをVNC Clientとして実装したので、基本的にどんなアプリケーションに対しても入力が可能になっています。
CydiaにSaurik氏のVeencyというVNC Serverがあり、それを動作させた上でこれを使おうというわけです。
この辺りをlibvncserverのサンプルを元に試行していたのですが、全く同じことをRalf Ackermannさんがやられているのを知り、公開されているソースコードを参考にしました。

MobilleSubstrateのAdd-onとして実装されているVeencyのキー入力部分を使って直接入力しようと思いましたが、MobileSubstrateとして実装しないと、必要な共有インスタンスが取れないようでした。
Objective-C++で書かないといけないMobileSubstrateをモノにするには時間がかかりそうなので、このような手法を取りました。

「次候補」、「確定」が押せないので、今のところ、日本語入力は不便です。
以下のようにマウスイベントを発生させていますが、機能しません。(「次候補」を押しているつもり)

SendPointerEvent(client, 160, 470, 0|1);
SendPointerEvent(client, 160, 470, 1);

カーソルキーは機能しません。アプリケーション側での対応が必要でしょう。
MobileTerminalではCtrlキーがききません。MobileTerminalの改造が必要でしょう。
頻繁にスクリーンにタッチしないとダメというわけです。
「次候補」、「確定」が押せたとしても、インラインの候補に無いと、結局スクリーンにタッチしないといけなくなります。

今使っているVisor用キーボードであるP-Keyの使いづらさというものも足を引っ張っています。
現在入手しやすいシリアルキーボードである、Xbox360用のchat padを汎用キーボードに仕立てるOpenKeyboardプロジェクトというものがあり、chat padは結構打ちやすく、何とバックライト付きなので、そのうちこれを使ってみようと思ってます。

|

2009.01.01

[iPhone][Jailbreak]SBSettings用Toggle、Shutter Sound Toggle

新しいブログで、Shutter Sound Toggleを代替するソフトウェアを発表しています。

iPhoneのカメラのシャッター音等を消音するSilentPatcher


|

« December 2008 | Main | February 2009 »