« [iPhone]iPhone 3G非対応乾電池式USB電源でiPhoneに給電してみる | Main | [iPhone][Jailbreak]シリアルポート実験用のDock Connectorできた »

2008.11.12

[AVR]AVRライターHIDaspxを作ってみた

AVR業界ではおなじみsenshuさんがメンテナンスされている、AVRライターのHIDaspxが素晴らしい感じなので、作ってみることにした。

Hidaspx1_2

特徴は、

  • ドライバが要らない(HID = Human Interface Deviceとして認識する)
  • ATtiny2313(秋月で100円)一つでできる
  • 直接USB接続ができる
  • FT232RなどのUSB-Serialコンバータが要らない
  • Mac OS Xでも使える
  • GIPOモードが付いている(USB-IO的な、あるいはFT232RのBit Bangモード的な)

Hidaspx2

こちらのkumanさんの2台目の回路図を手本に、力弱くユニバーサル基板で。
部品のレイアウトはアドホックな感じで進めていったんだけど、案外うまく収まった。
考えなしに縦置きにしたけど、これはどう考えても横置きした方が楽だったような。

Hidaspx3

まずはVMware Fusion上のWindows XPから使ってみた。
速い! しかも、AT90S2313、AT90S1200などのレガシーデバイスでも問題無く読み書きできる。

Mac OS Xでは、HIDaspxの源流となったHIDaspを作られた、瓶詰堂さんが配布されている「hidspx for MacOS X」を使ってみたところ、何だか遅いみたい? でも使えてはいる。
これがWindows上での速さぐらいになってくれると助かるなあ。

Hidaspx4

↑左のやつは以前作ったMorosanさんの、PICを使ったAVRライター。こちらはRS-232Cだけれども、STK500互換として機能し、AVR Studioから書き込める素晴らしいもの。PICライターしか持っていなかった時代に、これを使って初めてAVRに書き込んだときの感動ったら無かった。

|

« [iPhone]iPhone 3G非対応乾電池式USB電源でiPhoneに給電してみる | Main | [iPhone][Jailbreak]シリアルポート実験用のDock Connectorできた »