« [Zaurus]Ruby用ライブラリHpricotとWWW::MechanizeのLinux Zaurus向けパッケージ | Main | [Emacs]CarbonEmacsからSafariをコントロールする »

2007.10.04

[Zaurus]Linux Zaurus上のEmacsで選択した単語を「英辞郎 on the Web」で引く

英語を読み書きする際に、「英辞郎 on the Web」の用例が欠かせない自分用に、Emacsで選択した単語を「英辞郎 on the Web」で引く糞Elispを書いてみました。

「英辞郎 on the Web」はLinux Zaurusには重いんですけどね。Operaだと少しは軽いんでしょうか。

動作に必要な「urlencode.el」

動作にはurlencode.elが必要です。

urlencode.el(今404なのでWebArchiveの直リン)

Linux Zaurus版「英辞郎 on the Webで調べる」

(when (load "urlencode" t)
  (defun my-eijiro(beg end)
	(interactive "r")
	(call-process "qcop" nil nil nil "QPE/System"
				  "execute(QString,QString)"
				  "netfront3"
				  (concat 
				   "http://eow.alc.co.jp/"
				   (urlencode (buffer-substring-no-properties beg end) 'utf-8)
				   "/UTF-8/")))
  (global-set-key "\C-ce" 'my-eijiro))

Mac OS X (CarbonEmacs)版「英辞郎 on the Webで調べる」

(when (load "urlencode" t)
  (defun my-eijiro(beg end)
    (interactive "r")
    (do-applescript (concat "
tell application \"Safari\"
if (count of document) is 0 then
make new document
end if
tell document 1
set URL to \"http://eow.alc.co.jp/"
(urlencode (buffer-substring-no-properties beg end) 'utf-8)
"/UTF-8/\"
end tell
end tell")))
  (global-set-key "\C-ce" 'my-eijiro))

使い方

英語でも日本語でもどっちでもいいので選択したら起動するだけです。
上記から変えていなければ「Ctrl+C e」で起動です。
Linux ZaurusではNetFrontで、Mac OS XではSafariで、選択した単語の「英辞郎 on the Web」の検索結果を表示します。
Safariはあえてactivateせず、SafariのウインドウをCarbonEmacsの隣に開いておく使い方を想定してます。

いっしょに使うと便利なElisp「sense-region.el」

単語を選択するのが面倒臭い。

そんな場合は、「sense-region.el」を使うと、単語のどこかにカーソルが乗ってさえいれば、Ctrlを押しながらスペースキーを二度押すだけで単語の選択が完了します。
さらにスペースを押していくと、後方に向かって単語を一つずつ選択範囲に加えていきます。
物凄く便利なのでおすすめです。

|

« [Zaurus]Ruby用ライブラリHpricotとWWW::MechanizeのLinux Zaurus向けパッケージ | Main | [Emacs]CarbonEmacsからSafariをコントロールする »