« [Zaurus]Zaurus用Twitter簡易クライアントRQTwitter v0.5 | Main | [Zaurus]Zaurus用Twitter簡易クライアントRQTwitter v0.7 »

2007.05.30

[Zaurus]Linux Zaurusでサンプリングシンセサイザー Milkytrackerを再び試す

昔のエントリ、「Linux ZaurusやPocket PC (Windows Mobile) でサンプリングシンセサイザー Milkytrackerを試す」の続編です。

Milkytrackerはサンプリング音源を使った音楽を制作できるDTMソフトです。
MOD Trackerというジャンルのソフトウェアですね。
これを使うと、Linux Zaurus単体でかなり手の込んだ曲が作れます。
上記のエントリにサンプルを置いてますので、興味があったら聞いてみてください。

ゆめのからだ@SeeSaaさんのエントリ、「milkytracker on zaurus」にて、前回のエントリでは解決できなかった、libSDLに起因するMilkytracker終了時のフリーズを回避する方法が紹介されてました。これはかなりエポックです。

元々は、2007年5月12日、韓国のBBSに掲載された情報なのですね。

というわけで、それをまとめたパッケージを作りましたので置いておきます。
今より遡ること10日の2007年5月20日、Milkytrackerのバージョンはv0.90.60に上がってますが、残念ながら上記BBS掲示のlibSDLでは起動しませんでした。ちなみに、阿川さんのlibSDLでもダメだったです。

MilkytrackerはWindowsでもMac OS XでもWindows Mobile系のOSでも動くので、マシンを取っ替えひっかえしながらデータ制作できます。

ダウンロード

「milkytracker_0.90.50-slc-1_arm.ipk.bin」をダウンロード

インストール

上記パッケージをインストールするだけです。

起動するとQVGAモードに切り替わりますが、そのままで使った方がいいです。

とりあえず試してみる

後で書きます。

インプレッション

まだあんまり試してないですが、タスクスイッチしても、終了してもフリーズしません。
これはとても素晴らしい。

ただし、カーソルキーが上下左右逆さまですね。差し替えたlibSDLの副作用でしょう。
KeyHelper Appletで矯正するか、あるいはそれで慣れてしまうか。

|

« [Zaurus]Zaurus用Twitter簡易クライアントRQTwitter v0.5 | Main | [Zaurus]Zaurus用Twitter簡易クライアントRQTwitter v0.7 »