« ZaurusのNetFrontを強化! QCopでJavaScriptを実行 | Main | (修正)Zaurus無線LAN自動再接続スクリプトwlan-re-establish 2007.02.10版 »

2007.02.04

Zaurus無線LAN自動再接続スクリプトwlan-re-establish

Linux Zaurusで無線LANを使用中にサスペンドして、その後にレジューム(電源を投入)すると、無線LANの再接続をしたそぶりを見せながら、実際はつながっていない、ということがあるようです。

僕の無線LANカードではそうですね。

自分だけかなあと思っていたところ、同じ症状を訴える人がいるようなので、自動再接続する対策スクリプトを公開します。

あんまりテストしていないので、不具合が出る可能性はありますが(例えば再接続中にサスペンドした場合等)、これを元に改造などしてみてください。

インストール

(2007.02.10 追記:無線LANカードを、電源を切っている間に抜いていた場合につながないようにしました)

「wlan-re-establish_2007.02.10-1_arm.ipk.bin」をダウンロード

これをダウンロードして普通にインストールします。Rubyスクリプトなので、Rubyが必要です。僕はFocVさんのPrivate Packages for Sharp Zaurus SL-C seriesにあるパッケージを入れています(メンテナンス感謝しています>dipusさん)。

インストールすると、スクリプト「wlan-re-establish.rb」が「/opt/QtPalmtop/bin/」に入ります。

使い方

コマンドラインから、

wlan-re-establish.rb WLAN.conf

などとして使います。
"WLAN.conf"は僕の環境でのファイル名なので、適当な無線LAN用のconfファイルを指定する必要があります。confファイルは以下のパスにあるので、調べてみてください。

"/home/zaurus/Applications/Network/modules/"

コマンドラインから実行したい人などいないでしょうが、次のステップに進む前に、実際に動作するかどうか確かめてください。

NetHelper Appletと併用すると、レジューム時に自動実行できます。
yaktyさん、素晴らしいソフトウェアの数々をありがとうございます。

/home/zaurus/Settings/nethelper.conf

を新しく作るか、追記します。NetHelper Appletをインストールしただけでは設定ファイルは作られないので、最初は自分で作る必要があります。
設定例は以下です。[Run_WLAN]は、WLAN.confを使う場合のセクション名です。
confファイル名に合わせる必要があります。

---------[nethelper.conf] from here---------

[Environment]
PERL_BADLANG = 0
[Global]
Enabled = 1
[Run_All]
[Run_Off]
[Run_WLAN]
resume00 = /opt/QtPalmtop/bin/wlan-re-establish.rb WLAN.conf

---------[nethelper.conf] to here---------
「wlan-re-establish_2007.02.10-1_arm.ipk.bin」をダウンロード

|

« ZaurusのNetFrontを強化! QCopでJavaScriptを実行 | Main | (修正)Zaurus無線LAN自動再接続スクリプトwlan-re-establish 2007.02.10版 »