« Zaurus無線LAN自動再接続スクリプトwlan-re-establish | Main | Zaurusで日本語音声合成 MBROLA+muDaTTS »

2007.02.10

(修正)Zaurus無線LAN自動再接続スクリプトwlan-re-establish 2007.02.10版

先日アップしたLinux Zaurus用無線LAN自動再接続スクリプトを修正しました。

無線LANを接続したままサスペンド。レジューム時に再接続をしにいったように見えて、実はつながっていないという現象への対策をするスクリプトです。

もっと根源的な解決策があるんでしょうが、それを追及する実力は僕にはありません。

無線LANを接続中にサスペンド、サスペンドしている間に無線LANカードを抜き取った場合への対策として、カードの存在のcardctlでの確認を入れました。

ファイルのダウンロードは以前のエントリでどうぞ。

Zaurus無線LAN自動再接続スクリプトwlan-re-establish

いしじまだいさん経由、河村商店さん(LPガス販売店用のRuby/Qte製検診ツールを配布されているとってもHackyな方)経由で知ったOESFのBluetoothセクションにあるsusp-resume_0.9-3.1.ipkというのを入れると、suspend時とresume時に/etc/apm.d/suspend.d/S*、/etc/apm.d/resume.d/R*を実行できるようになるので、NetHelper Appletの代わりにこれを使う手もあるかもしれません。bluetoothのカードでは、単純にcardctl eject、cardctl insertで対策してますね。

|

« Zaurus無線LAN自動再接続スクリプトwlan-re-establish | Main | Zaurusで日本語音声合成 MBROLA+muDaTTS »