« Zaurus ext2フォーマットのSDカードで消せないフォルダを修復 | Main | [Zaurus] マップ対策? »

2007.02.23

Zaurusで音声合成によるニュースの読み上げ

zmuDaTTS.rb実用の一例として、ニュースの音声ティッカーというのはありだろうな、と考えてました。
音声合成でニュースの読み上げをするわけです。

イヤホンを耳に突っ込みっぱなし、Zaurusはカバンの中、定期的にZaurusがニュースをチェックし、新着ニュースがあれば読み上げる、という利用形態はありだろうなと。

zmuDaTTS.rbをインストールして動作する環境を作った後、以下のRubyスクリプトを実行してみてください。

一応うんこスクリプトですが、利便性を図ってパッケージ用意しました。

「asahi.rb_0.1_arm.ipk.bin」をダウンロード

インストール後、ターミナルを起動して、

asahi.rb

とタイプして実行します。
おっと、swapはバリバリにONに、ネットワークに接続しておいてください。
asahi.comのRSSをターミナルに表示しつつタイトル読み上げを開始します。

差分だけ読み上げるようにして、後からブラウザで見られるようにして、CronInetでサスペンド状態からの自動巡回ができるようにすれば、何となく実用っぽくなるのかな。

何でasahi.comなのかといえば、商品名、英単語があんまり出てこないニュースソースの一つだからです。ChaSenやKAKASIフレンドリーというか。

#!/opt/QtPalmtop/bin/ruby -Ke

$KCODE = "e"

require 'open-uri'
require 'rss/1.0'
require 'rss/dublincore'

asahi = 'http://www3.asahi.com/rss/index.rdf'

rss = open(asahi){
|file| RSS::Parser.parse(file.read, true)
}
rss.output_encoding = "EUC-JP"

puts rss.channel.title
puts rss.channel.link

rss.items.each do |i|
puts i.dc_date
puts i.title
puts i.description
puts i.link
system("echo #{i.title} | speak")
end


|

« Zaurus ext2フォーマットのSDカードで消せないフォルダを修復 | Main | [Zaurus] マップ対策? »