« 京ぽん(WX310K / AH-3001V等)用式計算機 evacalc ver.3.2 | Main | Zaurus用iTunesネットワークリモコンRCTunes(2) »

2007.01.21

Zaurus用iTunesネットワークリモコンを試作

戯れでZaurus用のiTunesネットワークリモコンを試作してみました。
ボリューム調整、シャッフル再生のときの曲名確認が手元でできるのでいい感じ。

Rctunes01

Rctunes02

Rctunes03

TCPSocketって初めて使ってみましたが、簡単なことをやるなら凄く簡単ですね。
全く作法を分かっていないので、美しいやり方というのを知りたいところですが。

Zaurusで動くクライアント側はRuby/Qte製、Mac OS Xで動くサーバ側はREALbasic製です。
iTunesのWindows版はCOMプログラミング対応なので、iTunes制御部分を書き換えればWindowsでも動きますね。

Ruby/Qteを触るのはほぼ初めて。
今更ですが、ひだかさん、素晴らしいツールキットをありがとうございます。

ただ、動作させた状態でZaurusをサスペンドし、再度電源を入れるとハング。
ネットワークの死活判定をしてからつなぎに行くようにしたら大丈夫かな。
Socketを開いている間にサスペンドしてしまう場合の問題もありそう。

何かのシグナルが飛んでくるのかな? サスペンドまでにコトを起こすだけの時間的猶予はあるのかな? サスペンド対策方法をご存じの方がいらしたら教えてください。

(追記)とりあえず、Ping.pingecho()で死活判定してからつなぎに行くようにしたら無条件のハングは回避できました。
でも、ちょうどSocketを開いている間にサスペンドした場合には問題は残りそう。

これはプログラム側の問題ではないですが、無線LANが電源再投入後に再接続に失敗する問題も……。
昔からこうだったかなー。prism2じゃない無線LANカードでも失敗……。

|

« 京ぽん(WX310K / AH-3001V等)用式計算機 evacalc ver.3.2 | Main | Zaurus用iTunesネットワークリモコンRCTunes(2) »