« ウィール格納式インラインスケート「Instrek(インストレック)」インプレッション | Main | JPEG加工ユーティリティ集jpeg-progs 6bのZaurus向けパッケージ »

2006.09.07

高速JPEG縮小ライブラリEpeg 0.9.0とコマンドepegfe 0.0.1、EXIF情報表示exiftags 1.00のZaurus向けパッケージ

Epeg 0.9.0 / epegfe 0.0.1パッケージ

高速JPEG縮小ライブラリEpegをZaurus向けにコンパイルしたものをパッケージにしました。

ソース

また、そのライブラリを使用するコマンド「epegfe」を作ったので、それも配布します。

RICOH GR DIGITALで撮影した2.3MB〜2.7MB(3264x2176)の画像10点、計24.8MBの画像を1/8に縮小するのに、17.4秒(SL-C760)しかかかりません。1枚なら1.7秒。1/4にすると、大体その倍の3秒かかります。
例えば、こんな感じで使います。カレントディレクトリにあるjpgのサムネイルを作る例です。

$ cd /mnt/cf/dcim/100ricoh
$ mkdir thumbnail
$ for i in *.jpg; do epegfe 8 $i thumbnail/`basename $i .jpg`_s.jpg; done

epegfeの第一引数は整数を指定します。「8」と指定すると、元画像の1/8に縮小されます。
epegfeの第二引数は、元画像のファイル名です。第三引数は、処理後の保存ファイル名。

ただし、補完が入ってないので、第一引数は2の乗数にすることをおすすめします。
さもないとガタガタになります。

Epegライブラリ
ダウンロード Epeg_0.9.0_arm.ipk.bin (283.7K)

epegfe(コマンド)
ダウンロード epegfe_0.0.1_arm.ipk.bin (2.5K)

↓epegfeで元画像の1/8に縮小したサンプル
R0011041_s

exiftags 1.00パッケージ

jpegからexif情報を読み出して、標準出力に書き出すコマンド、exiftagsをZaurus向けパッケージにしました。

exiftags 1.00
ダウンロード exiftags_1.00-1_arm.ipk.bin (74.7K)

exifのタイムスタンプ読み書き「exiftime」、exifのコメント読み書き「exifcom」も同梱です。

参考までに、exiftagsにRICOH GR DIGITALで撮影した画像を読ませた結果を貼っておきます。
適当に加工して、ブログやmixiへの投稿時に添付画像のスペックとして付記したり、投稿テンプレートの自動生成をするとよろしいんではないでしょうか。

Camera-Specific Properties:

Equipment Make: RICOH
Camera Model: GR Digital
Maximum Lens Aperture: f/2.3

Image-Specific Properties:

Image Orientation: Top, Left-Hand
Horizontal Resolution: 72 dpi
Vertical Resolution: 72 dpi
Image Created: 2006:09:07 05:09:43
Exposure Time: 1/23 sec
F-Number: f/4.0
Exposure Program: Aperture Priority
ISO Speed Rating: 154
Lens Aperture: f/3.9
Brightness: 0.8 EV
Exposure Bias: 0 EV
Metering Mode: Pattern
Light Source: Unknown
Flash: No Flash, Compulsory
Focal Length: 5.90 mm
Color Space Information: sRGB
Image Width: 3264
Image Height: 2176
Exposure Mode: Auto
White Balance: Auto
Scene Capture Type: Standard
Sharpness: Normal

|

« ウィール格納式インラインスケート「Instrek(インストレック)」インプレッション | Main | JPEG加工ユーティリティ集jpeg-progs 6bのZaurus向けパッケージ »