« Zaurusで音響生成プログラミング言語Csoundを使う | Main | JavaScriptで都道府県コード順ソート »

2006.09.20

Zaurusで英文音声合成 CMU Flite 1.3 releaseのZaurus向けパッケージ

音声合成ソフトウェア(Speech Synthesizer)である、CMU Flite 1.3 releaseのZaurus向けパッケージを作りました。既存のZaurus向けバイナリは1.2しか無いと思います。

ダウンロード flite_1.3-1_arm.ipk.bin (4130.5K)

パッケージにはコマンド「flite」と時刻読み上げ「flite_time」が含まれます。
読み上げは英語のみです。

サンプル

「zaurus.mp3」をダウンロード

使い方

以前のエントリ「ZaurusでCronInetとMewによるメールの定期巡回」で紹介した通り、使い方は簡単で、

flite -t "test"

というのが基本です。

flite test

flite -f test.txt

echo "test" | flite

flite "test" -o test.wav

などなど。
「flite_time」は、時刻読み上げコマンドです。

flite_time 10:30

といった感じで実行します。
だから、現在時刻を読み上げさせたければ、

flite_time `date +%H:%M`

とすればいいわけです。自分には聞き取れませんが。

コマンドラインヘルプ

flite: a small simple speech synthesizer
version: flite-1.3-release October 2005
CMU Copyright 1999-2005, all rights reserved
usage: flite TEXT/FILE [WAVEFILE]
Converts text in TEXTFILE to a waveform in WAVEFILE
If text contains a space the it is treated as a literal
textstring and spoken, and not as a file name
if WAVEFILE is unspecified or "play" the result is
played on the current systems audio device. If WAVEFILE
is "none" the waveform is discarded (good for benchmarking)
Other options must appear before these options
--version Output flite version number
--help Output usage string
-o WAVEFILE Explicitly set output filename
-f TEXTFILE Explicitly set input filename
-t TEXT Explicitly set input textstring
-p PHONES Explicitly set input textstring and synthesize as phones
--set F=V Set feature (guesses type)
-s F=V Set feature (guesses type)
--seti F=V Set int feature
--setf F=V Set float feature
--sets F=V Set string feature
-b Benchmark mode
-l Loop endlessly
-pw Print words
-ps Print segments
-pr RelName Print relation RelName
-v Verbose mode


|

« Zaurusで音響生成プログラミング言語Csoundを使う | Main | JavaScriptで都道府県コード順ソート »