« NS Basic/PalmでWristPDAのラージフォントを表示する | Main | Sigmarion IIIでNavi2chとRieceを動かす »

2005.11.17

続・NS Basic/PalmでWristPDAのラージフォントを使う

やっぱりFieldでもラージフォント(Font ID 18, 23)使えました。
ProjectのStartupで例によってNSBSystemLibを読み込み、以下のようにすればOKです。

FieldSetFontの最初の引数はオブジェクトのID。Field1005ってNameのオブジェクトのIDは、デフォルトでは1005なので、1005ですね。第二引数はFont IDなので、WristPDAのデカ太フォントだと23です。
返り値は受け取らない形です。

Sub Form1003_After()
Field1005.Text = "FieldでFont ID 23を利用するテストです。"
NSL.FieldSetFont 1005, 23
End Sub

LargeFontTest2

名前の通り、指定はFieldにしか効かないのが残念。

----
検索用: nsbasic

|

« NS Basic/PalmでWristPDAのラージフォントを表示する | Main | Sigmarion IIIでNavi2chとRieceを動かす »