« September 2005 | Main | November 2005 »

2005.10.26

Mac OS X(10.3.9)で@Niftyのマイキャビをマウントする

WebDAVを使ったオンラインストレージサービスであるところの@Niftyのマイキャビを使ってみようと思ったら、WinXP、なおかつIE6が無いとだめだという。しかも何か変なActiveX使わされる。
そんな運個なこと言わないでくれ。初心者の質問攻めと文字コードの問題を忌避してるのか?
せっかくのWebDAVなのに、なんて中途半端なことをするんだと憤っていると、以下の方法でMac OS Xにてマウントできることが判明。

1. Command + Kで「サーバへ接続」を実行
2. サーバアドレスを「http://cabdav.nifty.com/cabinet/」に
3. 名前を「cabdav.nifty.com¥aaa12345」に(aaa12345は各々の@Niftyアカウントに)
4. パスワードを@Niftyのパスワードに

でも、MacOS用WebDAVクライアントであるところのGoliathではつながらない。こっちの方が速いので使いたかったんだけど。何となく、名前(アカウント)中のバックスラッシュ? 円マーク? が怪しい。
cadaverでは試してない。

追記(2005/11/17):Tigerではできないみたいですね。

|

WristPDAとMac OS X用PalmDesktop4.2.1でHotSync可能にするパッチ登場

ムスティさんのところから、Mac OS X用PalmDesktop4.2.1でWristPDAとHotSync可能にするパッチPD Sync Wrist PDAがリリースされました。
このほか、PalmDesktop4.0J(MacOS9)、PalmDesktop2.6.3J(MacOS9)でWristPDAを認識可能にするパッチもリリースされてます。
自分提案の方法だと、新しいPalmと併用したい人の場合、困ることもあると思うので、PalmDesktop4.2.1で認識可能なPalmデバイスに加え、さらにWristPDAも認識可能にするムスティさんのパッチを使う方がいいでしょう。

ってまあ、だれも読んでないBlogに書いてもしょうがないんですが。
これでかなり広汎なMacユーザに訴求する機種になったんで、コミュニティが活発になることに期待。

一応WristPDAのSDKを落としてきたけど、Cで書くわけですよね。
一本ぐらいは何か作ってみたいけどできるかな。
Cには苦手意識がある……。NS Basic/Palmに逃げそう。
どなたか開発HowToを公開してくれないかな。

|

2005.10.24

WristPDA(Fossil, ABACUS)とMac OS X用PalmDesktop 4.2.1Rev DとでHotSyncする

Mac OS X Tiger (10.4.2) 上でWristPDA (ABACUS 5005) とHotSyncしようとしていろいろ試してたら、バンドルのPalmDesktopだけじゃなくて、PalmDesktop 4.2.1Rev DでもHotSyncできたので書いてみる。
既出だと思うのだけど、情報が見つからない。

Mac OS X Panther(10.3.9)でも同様の手順で動作を確認。
------------

バンドルのPalmDesktopがちょっと古くて嫌だったので、PalmOneから最新のPalmDesktopである4.2.1Rev Dを落としてHotSyncしてみると、残念ながらWristPDAを認識しない。
バンドルのPalmDesktopで試すとHotSyncできる。

調べたところ、下記のファイルをWristPDAバンドルのものと差し替えることで認識することが分かった。

/Library/Application Support/Palm HotSync/Transport/Palm HotSync/Transports/USB

ということで、PalmDesktop4.2.1Rev DとWristPDAとでHotSyncできるようにする手順。

1.WristPDAバンドルのPalmDesktopをインストール
2.上記の〜Palm HotSync/Transports/USBをどっかに退避
3.WristPDAバンドルのPalmDesktopをアンインストール(インストーラでアンインストールできる)
4./Library/Application Support/Palm HotSync/フォルダが消えていることを確認
5.PalmDesktop4.2.1Rev Dをインストール
6.再起動前に退避しといたファイル「USB」を差し替え
7.再起動
8.HotSync時にWristPDA側でfatal errorが出る場合は、ConduitのMediaとVoice MemoをDo Nothingに設定してDefaultにしておく

……というのも面倒なのと、WristPDAバンドルのPalmDesktopがWeb上からダウンロードできないようなので、バックアップのために退避しといたファイル「USB」をアップしとこう。問題あるようでしたらご連絡ください。

「WristPDAEnabler.sit」をダウンロード

これがあれば、普通にPalmOneからPalmDesktopダウンロードしてきてインストール、再起動前にファイル「USB」を差し替えればOKなはず。自分のところではOKだった。

PalmDesktop4.2.1Rev Dは、現在以下からダウンロードできる。

Palm Desktop 4.2.1 Rev D

ちなみに、ムスティさんのPD421 Transer E to Jでの日本語化は、PalmDesktop4.2.1Rev Dでも有効なよう。自分は手動でリソース置き換え等しました。

|

2005.10.19

PocketPC用DAW、「Griff」

PocketPC用のDAW(Digital Audio Workstation)のGriffを試してみた。試した機種はhp iPAQ h2210。
2002年ごろからあるようだけれど、これがすげー! まさにDAW。「Logic Express」を持っているけれども、まさにあんな感じ。オーディオトラックが無いから「Reason」みたいな感じといった方がいいか。

AUやVSTみたいなプラグインまである。

内蔵のソフトシンセはVelocityに反応してフィルタ開いたり閉じたりできるし、内蔵のサンプラーはもちろんピッチ可変だし、wavを自由に差し替え可能。指定した位置からループできるのもすごい。

トラックオートメーションまであるのがすごい。つまり、シンセのフィルタをリアルタイムでいじったりできる。

チュートリアルがあったので貼っておく。
http://www.planetgriff.com/tutorial/index.html

使い方が理解できないってか、英語読まない人が多いみたいだから、和訳してみようかな。

個人的に、これでPocketPCの価値が200倍上がった。

RescoのAudio Recorderなんかで録音した音を素材に、その場で曲作ったりとかできると考えると、うきうきする。

欠点は、midファイルとかに書き出せないこと。Griffは、それだけで閉じた世界だ。

↑間違い。midファイル書き出し機能も付いてました。ちなみに、xmlにも書き出せます。

|

« September 2005 | Main | November 2005 »