« EyeTV 200で録画したファイルをPocket PC(Windows Mobile)で外に持ち出す | Main | WindowsXPでタスクトレイアイコン(インジケータ)が消えた場合の復活方法 »

2005.08.26

[REALbasic]REALbasicでのAppleEventと、そのサンプル

ソースを見たいという人が居たので、最近連綿とやっていたSafariのAppleEventによるコントロールをモジュール化したものを公開してみます。というかSafariStalkerの中の人です。

「AppleEventSample.sit」をダウンロード

実際はSafariだけじゃなくて、System EventsなどにもAEを送ってたりしますけど。

初心者なもんで恥ずかしいですが、国内においては情報のソースがのきなみ数年前のもの、書籍は皆無! っていう風前の灯火状況にあるREALbasic界に、少しでもにぎわいが戻ればという思いを込めて。

REALbasicでAppleEventをやる際には、かの田中求之氏によるドキュメントが、もはや6年近く前のものになるものの、今なお最高の参考資料になります。

>REALbasic で AppleEvent を活用する

>REALbasic で AppleEvent を活用する方法や、AppleScript 対応のアプリケーションの作り方を解説した文書です。
>pratical_use_of_AE_in_RB.sit

↓ドキュメントはここにあります。

http://mtlab.ecn.fpu.ac.jp/webcon_resources.html

このドキュメントを読んだ限りでは、


core¥setd{
data:"http://www.google.co.jp/", //←これ
----:obj {
form:'prop',
want:'prop',
seld:'pURL',
from:obj {
form:'indx',
want:'docu',
seld:1,
from:'null'()
}
},
&csig:65536
}

こういうパターンが出たときにどうしていいのか分からなくて焦りましたが、

ae.StringParam("data") = "http://www.google.co.jp/"

こんな風にAppleEventのStringParamとして渡してやればいいです。

|

« EyeTV 200で録画したファイルをPocket PC(Windows Mobile)で外に持ち出す | Main | WindowsXPでタスクトレイアイコン(インジケータ)が消えた場合の復活方法 »