« Safariの文字コード自動判定補助ユーティリティ「SafariStalker Ver.0.1」 | Main | EyeTV 200で録画したファイルをPocket PC(Windows Mobile)で外に持ち出す »

2005.08.24

Safariの文字コード自動判定補助ユーティリティ「SafariStalker Ver.0.2」

SafariStalker
Ver.0.2
(Freeware)

■これは何か?

 Safariは日本語のテキストエンコーディングの自動判定が弱く、charsetの指定が無いと、文字化けしてしまいがちです。
 その日本語のテキストエンコーディングの自動判定を補うソフトウェアです。
 charset指定が無いテキストファイルの場合でも、ほぼ正確に判定します。

 テキストエンコーディングを自動判定したら、Safariのテキストエンコーディングを自動的に切り替えます。
 これによって文字化けを防止します。

SafariStalker02

「SafariStalker0.2.sit」をダウンロード

一応、Panther + Safari1.3でも動くようにしたはず。

おまけ機能(Up Dirボタン)も搭載。
押すと、最前面で表示しているページの、一つ上の階層を表示します。

http://www.orz.org/current/



http://www.orz.org/

■履歴

2005/08/24 Ver.0.2

・表示URLが切り替わると無差別にテキストエンコーディングを切り替えていたものを、実際にテキストエンコーディングに変化があったときだけ切り替えるように。

・おまけ機能「Up Dir」を実装

・Panther + Safari1.3の環境で、「Default」ボタンが効いていなかったのを修正。

|

« Safariの文字コード自動判定補助ユーティリティ「SafariStalker Ver.0.1」 | Main | EyeTV 200で録画したファイルをPocket PC(Windows Mobile)で外に持ち出す »