« PocketDivXEncoderでWMV9を再エンコードする | Main | h2210のROMアップデートと軽い失望 »

2004.06.06

BetaPlayer0.03リリース

PocketPCでのDivX再生動画プレイヤーの新定番、BetaPlayerの新バージョンが6月3日にリリースされたようだ。
BetaPlayerは、同じ動画プレイヤーPocketMVPよりパフォーマンスが高く、評判になっている。
実際、h2210の400MHz動作において、30fpsは軽い(320*220/450kbps/44.1KHz/96kbpsのDivX)。
また、データの先読み、バッファへの蓄積が可能な「Microdrive Mode」の搭載がウリでもある。
iPodがそうであるように、HDDからガーっと読み出し、メモリ上にキャッシュしたら、HDDを止めてしまう、ということを繰り返す間欠動作をすることで、バッテリの持ちを改善するわけだ。
BetaPlayerとPocketDivXEncoderの組み合わせでPocketPCでの動画視聴が非常に快適になり、喜ばしい。

さて、0.03でのバージョンアップの内容だが、

+オーディオイコライザーの追加 (アッテネータ付き) (vorbisのみに対応したプリアンプも)
+オーディオファイルがバックグラウンドで再生可能に
+color saturation (not for ati imageon)
+言語サポート (自動判定機能付き)
+バッファアンダーランハンドリングの付加 (pause with wait cursor) 
+MicroDriveのバーストリードのスタートポジションが設定可能に
+manual a/v sync offset option
+back/forward移動量の設定が可能に 
+ベンチマーク結果の保存が可能に
+data rate benchmark (use disable video/audio for pure bandwidth benchmark) 
+aygshell usage option (turn off by default for wince .net hpc devices) 
-changing to _LOW_ACCURACY_ in vorbis (same as in pocketmvp) 
-toolbar bitmap index bugfix 
-controlsに項目追加
-smartphone home screen timeout reset 
-ati imageon decoder/non decoder selection bugfix 
-back/forward移動のバグフィックス 
-no internal player volume (not saved/restored) 
-better backlight keepalive support (with disable option) 
-aviリーダーのバグフィックス(たくさん) 
-終了後のファイルポジション保存に関する修正
-b-framesの互換性向上
-wm2003seの互換性向上
-ボリュームバーの表示に関する修正(閉じた後)
-hotkey capture dialog can be closed with button 
-アンインストールでレジストリの設定を削除するように
-gx.dllが既に存在する場合、それをインストールしないように
-ogg/ogm disabled streams memory "leak" fix 
-ati imageonのバージョンチェックをするように(1.27.xxx以上でなくてはならない)

ってことらしい。

|

« PocketDivXEncoderでWMV9を再エンコードする | Main | h2210のROMアップデートと軽い失望 »